【博多ひのきクリニック】子宮頸がん予防ワクチン

最近30-40代の方の女性の方で増えているガンが子宮頸がんです。

子宮頸がんは年間10000人の方が罹患し、年間3000人が亡くなっているのが現状です。
つまり日本ではこの疾患で毎日10人の方が亡くなっていることになります。

もう一つの特徴としてはガンになる原因がほぼ解明されていることです。
子宮頸がんの原因は、HPV(ヒト乳頭腫ウイルス)の感染が原因です。
性行為などで感染することが分かっております。
HPVの中でもHPV16型やHPV18型が特にガンを誘発する可能性が高いようです。

詳細はここ

子宮頸がんを予防する最も有効な方法はワクチンの接種です。
このワクチンはHPVの 感染を予防できます。
当院では2種類の「子宮頸がん予防ワクチン」を常備しております(サーバリックス・ガーダシル)。
ワクチンの選択は、クライアントに十分な情報を提供した後に一緒に接種ワクチンを決定するようにしています。
ワクチンは同一のワクチンを半年間で3回接種します。
これによりHPVの感染を防ぐことができます。

福岡市在住の方で小学6年生~高校1年生相当の年齢の女子は当院では公費で接種を行うことができます。当院は福岡市が指定する実施医療機関で個別接種により実施しています。

またワクチンだけでも完全にはがんを予防はできません。
早期にガンを発見できたら、低侵襲で比較的簡易にがんを摘出でき致命的になることはありません。

当院では子宮頸部を擦過し細胞を採取して、細胞診を行う専門スタッフが診断し、早期に子宮頸がんを発見できる体制をとっております。

さらにHPVの感染の有無の確認する検査もございます。
ガンを誘発する可能性の高いウイルス感染を同定することができます。
これらの結果を利用し、まだ感染していないようならば早期にワクチンを接種することも可能です。
またすでにがんを誘発する可能性の高いタイプに感染している場合、がんの早期発見のため1−2年毎の子宮頸がん検診をお勧めいたします。

最後に子宮頸がんで命を落とさないためには、子宮頸がん予防ワクチンとがん検診での早期発見です。

詳しいことは当院に電話にてご連絡を!
子宮頸がん予防ワクチンは常に院内にストックしていますが、念のため電話にて前もって予約していただければと思います。

詳細はここを参考してください。

2015年4月1日  カテゴリー:お知らせ

オンライン診療バナー
人間ドック・健診 インターネット予約バナー
協会けんぽ インターネット予約バナー
診療受付は診療時間終了の15分前までとなっております。
flixyバナー
rizapバナー
海外生活市場バナー

WEB問診票は
こちらから