【博多ひのきクリニック】福岡市での痔・肛門周囲のトラブル

当院では緊急時の肛門トラブルに対応可能です。

痔とは肛門や肛門周辺に起こる病気のことです。

痔には大きく3つの病態があります。

痔核(いぼ痔)、②裂肛(切れ痔)、③痔瘻(あな痔)です。
(詳細はこちらを参考に)

痔核(いぼ痔)には内痔核と外痔核の2つに分けられます。現在ではほとんどが薬や良好な排便管理でコントロールできます。ほとんどが切らずに治します。しかし一般的に外痔核は痛みが強く、少し切開した方が痛みがすぐに改善する場合もあります。外来にて診察し判断いたします。

裂肛(切れ痔)はとにかく痛みと排便コントロールが治療の主体となります。
便を柔らかくする薬と局所の塗り薬を使用して改善を狙います。手術になることは通常ありません。手術せずに治ります。

痔瘻(あな痔)ではしばしば肛門周辺に痛みを伴った発赤と腫脹と膨隆を繰り返し、何度も切開・排膿が必要となります。切開した時に、内部から白色の便臭のある膿が大量に排出されます。一時的な対応はこれで対応できますが、最終的には根治術が必要となる場合があります。こちらのタイプは残念ながら手術になる場合もあります。

当院では上記のような痔疾患にも対応いたします。
とにかく肛門の問題は痛みです。

痛みをすぐに取りたい方はお気軽にご相談ください。

2015年4月17日  カテゴリー:お知らせ

オンライン診療バナー
人間ドック・健診 インターネット予約バナー
協会けんぽ インターネット予約バナー
診療受付は診療時間終了の15分前までとなっております。
ドクターズファイルバナー
jobsバナー
flixyバナー
rizapバナー
海外生活市場バナー

WEB問診票は
こちらから