【博多ひのきクリニック】予防接種の同時接種

当院は福岡市が指定する小児の予防接種の実施医療機関です。

われわれの施設では予防接種の同時接種を行っております。
同時接種とは、一度の来院で数本のワクチン接種を同時に行うことです。
以前は副作用出現の可能性?などから、一般的に医療機関から敬遠されてきました。

しかし諸外国ではむしろ同時接種の方が一般的で、ワクチンのために何度も足を運ぶことはありません。また感染症の患者のいる可能性のある病院に免疫力の弱い乳児を何度も連れてくることは好ましいことではありません。

私も海外で勤務している時には、当然のように同時接種で接種しておりました。たまに日本人のお母様から同時接種に対しての不安を聞いたことがありましたが、十分に説明を行い結局は同時接種を行っていました。

日本小児科学会でも同時接種が推奨されております。
詳細はここでご確認ください。

日本では生後2ヶ月からワクチンデビューします。お産を終えたばかりで赤ちゃんの面倒を見ているお母さんからするとあっと言う間に2ヶ月は過ぎてしまいます。この時期に今からこんなにも多くのワクチンが待ち受けていることを知り大抵の新米ママはびっくりしてしまいます。

予防接種

同時接種なしでは、毎回1本のみのワクチン接種では到底スケジュール通りに間に合いません。通常ワクチンを接種すると一定の期間のインターバルが必要なことは決まっております。さらに感染症の巣窟のような病院に何度も赤ちゃんが来院することはちょっと抵抗があります。冬場にもなると赤ちゃんも風邪をひいてしまい、予定通りのワクチン接種ができないことも普通にあります。赤ちゃんの体調の悪い時にはワクチンは延期します。

またワクチンによっては時期を逃すと接種できないワクチンもあります。ロタワクチンなどは、時期を逃すと接種できません。ロタウイルスワクチンは小児期の嘔吐下痢症の原因となるウイルスの感染を予防するワクチンです。乳児が嘔吐や下痢をおこすと容易に脱水傾向となり入院生活を強いられたり、最悪の場合には致死的になることもあります。

このようなことから必要な時に一度の来院で複数のワクチンを接種することにより、適切な時期を逃すことなく、子供を病院に何度も連れて来ることを防ぐことができます。

お母さんにも赤ちゃんにも優しく行えるのが同時接種なのです。

ちなみに同時接種したために副作用の報告が増えることはないことは、すでに証明されております。

大事なお子様には予防接種の同時接種をお勧めしております。

何かご質問などがあればいつでもお気軽にご連絡ください。

 

 

2015年4月3日  カテゴリー:お知らせ

オンライン診療バナー
発熱患者様対応バナー
インフルエンザインターネット予約バナー
人間ドック・健診 インターネット予約バナー
協会けんぽ インターネット予約バナー
診療受付は診療時間終了の15分前までとなっております。
ドクターズファイルバナー
jobsバナー
flixyバナー
rizapバナー
海外生活市場バナー

WEB問診票は
こちらから