【博多ひのきクリニック】ジカ熱に関して

最近話題のジカ熱
まだあまり知られておりません。
当院でも心配で相談されることがときどきあります。
下記にファクトを羅列しました。

●ジカウイルスは、雌のネッタイシマカによって媒介され、ヒトに感染する。ジカ熱のワクチンはまだありません。デング熱やチクングンヤ熱、黄熱病もこのネッタイシマカによって媒介されます。性的接触で人から人への感染の疑いも報告されております。

●ジカ熱の症状は通常、発疹や発熱、筋肉・関節の痛みなどで比較的軽く、1週間程度で治まる。潜伏期は2-7日間。症状が現れないことが多く、感染しても入院治療が必要になることはまれ。重症化例は少ないようです。

妊娠中のジカ熱ウイルスの感染で小頭症の発生が話題になっております。明らかな因果関係は不明なようですが、妊娠中の流行地域への渡航は控えたほうがよいでしょう。

●ワクチンなどでの予防方法は現在のところありませんまた一旦発症すると対症療法が主たる治療となり、特効薬などはありません。

2016年2月12日  カテゴリー:お知らせ

オンライン診療バナー
発熱患者様対応バナー
インフルエンザインターネット予約バナー
人間ドック・健診 インターネット予約バナー
協会けんぽ インターネット予約バナー
診療受付は診療時間終了の15分前までとなっております。
ドクターズファイルバナー
jobsバナー
flixyバナー
rizapバナー
海外生活市場バナー

WEB問診票は
こちらから