子供のよくある症状と対処法

子供は大人に比べて身体的にも生理的にも未熟なために、頻繁に発熱したり、腹痛を起こしたりします。お子様が何かしらの症状を訴えても、慌てず冷静に対処しましょう。子供のよくある症状と家庭での対処法をご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

発熱

発熱 発熱で小児科を受診するお子様は非常に多いです。子供が熱を出す原因の一つに、感染症によるものがあります。体内に病原体が侵入し、免疫担当細胞が病原体と戦うことで熱が出ます。感染症による発熱は、病原菌を増加させないようにする体内の反応で、病原菌を退治するためにはとても大切なことです。しかし過剰な発熱も体力や食欲を失わせ子供にとってはよくありません。
夜間に病院を受診できないときは、解熱剤などを使ってみるのも一つの方法です。
そして、熱があると体内では脱水に傾くので、しっかりと水分を与えて安静にさせましょう。発熱の原因には、インフルエンザもあります。インフルエンザは予防接種を受けていても発症する場合があるので、感冒と決めつけずに小児科で検査を受けることをおすすめします。

咳は、風邪や喘息の症状として出ることもありますが、気管の異物を出すためや痰を出したいときにも出ます。そのような場合は咳をした方が楽になるので、無理に咳を止めようとしないでください。
ただし、咳が長引いて呼吸が苦しそうな場合は気管支炎や肺炎の可能性があるので、すぐに小児科を受診してください。部屋が乾燥していると咳が出やすくなります。適度な湿度を保つように部屋の空気を調節し、こまめな水分補給で喉の乾燥を防ぎましょう。

腹痛

子供は、よく腹痛を訴えます。お腹にガスが溜まったり、消化不良を起こしたりするとお腹が痛くなるので、まずはトイレに行かせてみてください。トイレで便やガスが出ると腹痛が治まることもあります。部分的に痛がっていたり、お腹が腫れている場合は、他の原因が考えられるので小児科を受診してください。

子供は自分で症状を細かく伝えることができないので、親御さんがしっかり観察してあげることが大切です。博多駅周辺で小児科をお探しの方は、博多駅から徒歩5分の場所にある当院をご利用ください。土日も診療を行っているので、お気軽にお越しください。

お問い合わせ
診療受付は診療時間終了の15分前までとなっております。
人間ドック・健診 インターネット予約バナー
rizapバナー 海外生活市場バナー