外科診療に関する豆知識

福岡市博多にある当院では、内科・外科・小児科などの一般診療や人間ドック、特定健診などを行っております。こちらでは、外科診療に関する豆知識をご紹介いたします。

イボについて

イボは手や足、首など体のあらゆる部分にできます。イボにもいくつか種類がありますが、特に多いのは尋常性疣贅です。このイボは、ウィルスが皮膚に感染することで発症します。1cm以下の丸いイボができ、表面が硬くガサガサになっているのが特徴です。放っておくとイボが増えたり、家族に感染したりすることがあるので、早めに外科を受診しましょう。小さなお子さんは自分でイボを引っかいてしまうおそれがあるので、特に注意が必要です。

痔について

男女を問わず、痔になっている方はたくさんいます。痔の主な原因は便通異常です。便秘になると便を出そうとしていきんでしまうため、肛門周辺に負担がかかり、うっ血してイボ痔になったり、皮膚が切れて切れ痔になったりします。下痢の場合、肛門周辺が炎症を起こしやすくなることから、痔になってしまいます。 日本人は、痔を自覚していても診察するのが恥ずかしいと感じて放置している方が多い傾向にあります。切れた部分から菌が入って悪化することもあるので、外科で診察を受けてください。

腰痛について

腰痛 二足歩行をしている人間は、腰にかなりの負担をかけているため、腰痛になりやすいです。腰痛の原因には、腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症などの骨に問題があるものもありますが、尿路結石や悪性腫瘍といった内臓の病気が原因の場合もあります。腰痛の原因は病院で検査をしないとはっきり分からないため、体を休めても腰痛が治まらない場合は、検査を受けてください。

こちらで紹介した症状の他にも、捻挫や打撲、巻き爪、やけどなどの診察を行っております。福岡市外科病院をお探しの方は、ぜひ当院をご利用ください。土日も診療を行っているので、お仕事で平日に病院へ行くことができない方でも診察を受けることができます。

お問い合わせ
診療受付は診療時間終了の15分前までとなっております。
人間ドック・健診 インターネット予約バナー
rizapバナー 海外生活市場バナー